碇ヶ関温泉(Ikarigaseki Spa


施設名 碇ヶ関温泉会館
場 所 青森県平川市碇ヶ関字三笠山
源泉名 三笠山3号源泉
泉 質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
温 度 55.5℃ pH 溶存成分総計 1,081mg/kg
(Na 278mg, Ca 65mg, Cl 488mg, CO2 7.3mg)
お湯の様子 無色透明,無味無臭,熱め,かけ流し
料  金 200円 営業時間 6:00〜22:00(第3月曜休み)

 長い間行きたいと思っていた新碇ヶ関温泉会館に初めて行きました。以前の会館は行ったことがあったのですが(写真が無いのが残念),新しくなってからはまだだったので今回が初訪ということになります。以前の温泉会館は国道7号沿いにあったが,新しい建物は川を渡った反対側にある。

 入口ロビーの上の壁に,財産区から村に無償で温泉権利を寄付なさってくださった方々への感謝の言葉がつづられたプレートが掲げられている。この温泉会館はその権利を譲り受けた村(現在は市)が管理する公衆浴場。
 浴室に入ると,右にサウナがあり,浴槽が2つ並んでいる。手前が源泉直入で熱め。奥がそのお湯が注がれてジャグジーを備え付けている温湯となっている。当然熱湯にどっぷり浸かった。湯口付近にいるとなおさら熱い。熱いお湯にじっくりと浸かっていると,濃い温泉では無いのだが体の芯までじんじんと染みこんでくる。この日の第1湯めだったためとても心地よく入ることが出来た。温泉仲間に朝一の湯と呼ばれている「あめりかや」もこのお湯と同じ源泉である。やはり碇ヶ関温泉のお湯は朝一番目に入るとその良さを実感できる。

H19/3/28


  
入口に近い方の浴槽が熱め。もう一方がぬるめでブクブク。    湯口から適度に注がれる源泉。      これが昔の温泉会館。平成14年まで活躍していた。