梅田温泉(Umeta Spa 


施設名 うめたふれあいセンター
場 所 青森県五所川原市梅田字福浦
源泉名 梅田温泉
泉 質 ナトリウム-塩化物泉
温 度 62.1℃ pH 溶存成分総計 8,920mg/kg
お湯の様子 茶褐色透明,塩味,かけ流し,適温,アブラ臭
料 金 300円 営業時間 7:00〜21:00

 五所川原市国道101号,広田温泉手前梅田北口バス停から梅田集落方面へ折れる。川を渡ったすぐ右側に保育園がありその裏にある地域住民のための温泉施設。

 玄関から入って右手に受付がありそのすぐ後ろつまり玄関のすぐ右横に浴室がある。奥は老人のふれあい施設や地区の集会場となっている。比較的寂れている施設だが,温泉は本格食塩泉で,アブラ臭がある。 茶褐色透明なお湯は,塩味がしっかりついており,石を組んだ湯口からとぷとぷと注がれている。狭めの浴室だが湯量は豊富で気持ちがよいほど豪快にかけ流されている。やや熱めだが適温に保たれていて,アブラ臭が心地よい。ここはお湯もフレッシュだし,浴室も狭めでいい感じでおすすめです。

H17/6/6

   
浴槽からかけ流されるアブラ臭つき食塩泉    湯口は石を組んだもの。茶褐色成分がこびりつく。 この外観に胸きゅんの人は多いはず。


 本当に久しぶりにうめたふれあいセンターに行ってみました。狭い浴室に胸キュンしようと企んでいたのですが、もろくもその野望はうち崩されました。以前男女別の浴室だった壁が無くなり、2つの浴室がくっついたような形になり、もう一つの浴室が新たにできていました。今回男湯は古い方の浴室で、昔の2つの浴室がつながった形になっていました。片方の浴槽が熱め、もう片方が適温になっています。それにしても浴室は1つなのに出口と脱衣所が2つというのはどうも違和感がありますね。
 今回たまたま女性が来ていなかったので、受付にお断りしてもう一つの浴室も見学させていただきました。こちらは新しめの浴室で窓が大きく、開放感がある造りになっています。どちらも同じお湯でしっかりかけ流されています。ここは地域の住民の憩いの場なんだなあと改めて実感しました。

H27/5/2

  
こちら壁が無くなった旧浴室。   真ん中の湯口からお湯が注がれ、片方が適温に、もう片方が熱めになっていました。今回は右側が熱めでした。

 
こちらが奥にあるもう一つの浴室。窓が大きく、開放感があります。 こっちの浴室の雰囲気もいいなぁ。