大光寺温泉(Daikouji Spa


施設名 大光寺温泉
場 所 青森県平川市平賀町
源泉名 一滝本源泉
泉 質 ナトリウムー塩化物泉(食塩泉)
温 度 52.8℃ pH 7.4 溶存成分総計 14,510mg/kg
お湯の様子 無色透明,硫黄臭+石膏臭,濃い塩味+硫黄味,豪快にかけ流し
料 金 250円 営業時間 6:00〜21:00

 平賀町の県道から弘南鉄道を横切り、さらに弘前方面へ進み、川の手前で左折し行き止まりの場所にひっそりと建つ。はっきりいって見つけづらい。しかし見つけづらい分だけ入った時の感動は大きい。
 平賀町にある塩化物泉の中ではおそらく一番心地よい。同じように鷹の羽や松崎などがあるが,そちらとは違って純粋に食塩泉を味わえる。湯小屋の雰囲気がとても良い。この施設は地域住民の浴場を一般にも開放しているもので,利用する際には地元民への感謝を忘れないようにしたい。

 浴室に入ると,熱め浴槽と温め浴槽があり,熱めの浴槽のほうに豪快にお湯が注がれ,浴槽全体からかけ流されている。小さめの浴槽は適温で広い方が熱い。小さめの浴槽の方はほとんど誰も入っていない。混んでいるときでも熱い方にばかり地元民が入る。お湯は硫黄臭を伴っており,かなりしょっぱい。痛烈なパンチの効いたお湯で,長湯はムリかもしれない。年々硫黄臭が濃くなってきているように感じる。新鮮な明るい浴室にはものすごい熱気がこもっていてゆったり入ろうとすると間違いなく撃沈する。

H15/10/11

  
右の広い浴槽が熱め。約45℃でかけ流し。   湯口から注がれる豪快な源泉(奥)硫黄臭がする。


 実に久しぶりに大光寺温泉共同浴場に行ってみました。手前にあった法人の宿泊研修施設は取り壊され更地になっていました。その分、道路から大光寺温泉が見つけやすくなりました。
 今回はお湯の硫黄臭はありませんでした。そのかわりに温泉臭がしっかり香り、塩味がグイッと効いた強烈な塩化物泉になっていました。湯口から出されるお湯も絶好調で、真上から写真を撮ってみるとすごい迫力でした。ここは大好きな共同浴場の一つです。

H25/12/24

  
湯気モクで撮影しづらいのですが、今回久しぶりに全景を撮れました。    相変わらずな湯量です。ドバドバ投入です。   真上から見た図です。迫力満点ですね。


 大光寺温泉がリニューアルしたという情報があったので行ってみました。以前に保養所があった場所に新たな浴舎が建てられていました。今までとイメージを一新し、オレンジ色をベースにした建物が印象的に見えました。

 浴室の中は以前より暗くなったような気がします。お湯も若干変わったように感じます。その日によって調子は違うと思うのですが、この日の大光寺温泉はごく一般的な食塩泉でした。あの豪快なドバドバや硫黄臭があまり感じられないマイルドな大光寺温泉でした。また行ってみてどんなお湯なのかをもう一度実感し直してみたいです。個人的には昔の方が好きですねぇ。

H26/8/21



こちらが主浴槽。今まであった2つの浴槽は1つになりました。    湯口はオーソドックスな木の湯口です。    天井の梁が美しい白木です。新しいですねぇ。