浅虫温泉(Asamushi Spa 


施設名 本陣の宿 柳の湯

場 所 青森県青森市浅虫字山下
源泉名 柳の湯混合泉
(御湯殿源泉イ,御湯殿源泉ロ,ケヤキの湯源泉)
泉 質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
(低張性アルカリ性高温泉)
温 度 70.4℃ pH 8.9 溶存成分総計 1,209mg/kg
(SO4 571mg, Cl 174mg, Na 193mg, Ca 167mg)
お湯の様子 無色透明,無味,弱芒硝臭,かけ流し
料 金 500円 営業時間 13:00〜17:00

 浅虫温泉街の奥,JRのガードをくぐって進んだ先にある。浅虫温泉の中で珍しい独自源泉の宿。双葉荘のとなりにあり,津軽本陣の宿と名乗り,歴史ある旅館らしい。内湯が御湯殿の湯と坪の湯の2つがあり,それぞれ男女別で利用する。夜間に男女交換になる。

 今回は清掃時間にもかかわらず,坪の湯に入れてもらった。坪の湯は風格ある御湯殿とは別で,小さめの浴室にあとから付け足した露天風呂がある。浴槽はL字に曲がった形をしていて,かなり浅い。湯口が2カ所あり,1カ所はちょろちょろ,もう1カ所はパイプを通して浴槽の下部に流れるようになっていた。加水も同時に行われており適温に保たれている。やや温めのため,芒硝泉の良さが半減している感がある。お湯はなかなか良い素性をしている。内湯よりも小さな坪庭を眺める露天風呂がここは良い。ヒバで作られた床,天井,浴槽と,どれも申し分ない。冬のため温めになっているが,内湯よりもこちらのほうが雰囲気が良く,ゆったりくつろげる。外にサウナがあるのが非常に不自然だが,浅虫で独自源泉を味わえるという意味では外せない宿である。

H18/1/15

   
内湯はとにかく浅い。肩まで浸かるためには根気がいる。  露天がいいです。雰囲気最高。   これでお湯が熱ければ文句なしなのですが。   


  
いつ行っても奥の浴室です。いつの日に手前の御殿湯に入ることができるのでしょうか?  それにしてもすごい析出物ですね。