浅虫温泉(Asamushi Spa 


施設名 宿屋つばき
場 所 青森県青森市浅虫字蛍谷
源泉名 浅虫温泉配湯泉
泉 質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
温 度 59.8℃ pH 7.4 溶存成分総計 1,027mg/kg
(SO4 475mg , Na 170mg , Ca 137mg)
お湯の様子 無色透明,微塩味,弱芒硝臭,適温,掛け流し 
料 金 湯札利用 営業時間 11:00〜16:00,18:30〜20:30

 浅虫温泉駅前にある中規模旅館。平成に入って廃業した旅館跡を「椿館」のオーナーが買い取り,別館として始めた旅館。1200円で3軒入浴できるお得な麻蒸湯札を利用して今回日帰り利用させていただいた。

 正面入口からまっすぐ進んだ先に「ちゃっこいゆ」という暖簾が見える。そこが男湯で女湯はそこから左に折れた奥にある。正面ロビーからそこへ歩いて向かう途中に偶然扉が開いて中の様子がちらりと遠くから見えた…。何と,浴槽にくつろぐ裸の浴客の姿が見えるではないか!脱衣所と浴室の壁がガラスのため,脱衣所の奥にある浴室がロビー方向から見えてしまうのだ。これにはさすがにびっくりした。
 気を取り直しいざ浴室へ向かう。カーブした曲線浴槽の中に一際気になる四角い黒いスペースがあるのが見える。浴槽内に何があるのか不思議に思い近づいてみると,それは…歩行浴用の砂利の板だった。ほんの一角にあるため実に不自然だがこれがまた妙で面白い。
 湯口は柱の奥にひっそりとあった。モノアイを潜ませたザクのような湯口から結構な量の共同源泉が注がれている。湯口付近(奥)は熱めで,かなりビリビリ感がある。手前はやや熱めで適温になっている。当然加水無し加温無し消毒無しのかけ流しだ。外見など施設的な感じから一見循環などを行っていそうに見えるが,この宿はしっかりかけ流している。ちゃっこいゆという名に恥じないすばらしい湯遣いだ。
 先客のシャンプーの香りと脱衣所のアウスレーゼの香りであまり感じなかったが,タオルについていた芒硝臭はかなり濃いものだった。浴感もしっかりあったので,ここは芒硝泉好きの人にはかなりオススメの施設だ。

H20/2/10


  
くにゃりと曲がった浴槽。しっかりかけ流し。結構良い香りがしました。   ザク湯口から注がれる共同源泉。   正面から丸見えの入口。奥の浴槽内にいる人まで見えます。

  
こちらが浴槽内にひっそりとある健康的な「砂利の床」    水中を覗くとこんな感じです。かなり痛いです。    ペットボトル入りアウスレーゼ。初めて見ました。